あかひげ薬局の由来とは?

あかひげ薬局のご案内 あかひげ薬局のご案内

トップ >> あかひげ薬局の由来

あかひげ薬局は、「あかひげ先生」こと内原茂樹氏が創立した精力剤の専門店ですが、そもそも「あかひげ先生」とは?

赤ひげ(あかひげ)先生という人物や呼称は、山本周五郎の小説の「赤ひげ診療譚」や、これを原作する映画「赤ひげ」などに、赤ひげの先生が主役として登場するところから知られるようになったようです。

しかし、それよりもはるか以前、江戸時代の民話の中に赤ひげ先生に関する物語があったようです。それによると、むかしむかし、江戸の小石川(現在の文京区小石川)に小石川診療所なるものがあって、赤ひげ先生という腕の立つお医者さんがいたそうです。しかも、その先生はとても人格者で、人々に対してとても優しく、貧乏な患者からはお金をとらなかったようです。このため、多くの人から、赤ひげ先生は神様のような人だと、尊敬されていました。そんな先生に関して、ユーモラスなエピソードもあるようで、弟子たちからも慕われていたようです。なお、この話には実在のモデルが存在していたらしく、江戸中期に小石川に住んでいた小川笙船という人であるらしい。

さて、話は戻って、山本周五郎の小説の「赤ひげ診療譚」は、養生所が小石川にあり、所長が「赤ひげ」であるところから、江戸の民話がもとになっているのは間違いないでしょう。

「あかひげ先生」こと内原茂樹氏は、今から約30年前に、当時では画期的な、日本発となる「精力剤の専門店」をオープンしたのですが、その時代、精力剤とは「いやらしいもの、うさんくさいもの」というネガティブなイメージで語られるものでした。しかし、性の悩みを持つ多くの人々にとっては、深刻でデリケートな問題でもありました。そこで、内原茂樹氏は、安心で安全な精力剤を適正な価格で提供し、性の悩みの相談にも乗ることにしたのです。

内原茂樹氏はつまり、精力剤の分野で「あかひげ先生」を目指し、その店名を「あかひげ薬局」と名付けたのだと思います。


あかひげ薬局のご案内。TVでおなじみのあかひげ先生があなたの夜の悩みをズバリ解決! あかひげ薬局のご案内。詳細はこちら


 ⇒ あかひげ薬局 通販サイトはこちら!


商品やお買い物方法などの詳細は、あかひげ薬局 通販 公式サイト でお確かめください。   運営会社相互リンク集
Copyright © ご案内 2006-2018 All rights reserved.